プロフィール

デルベア®

Author:デルベア®
奈良市・学園前にある
手作りバームクーヘン専門のWEBショップ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

98

紅葉の美山町へ

友人夫婦に誘われて

京都の美山町で開かれている

作家さんの個展を見に行くことに。

 

 

 

いつも美山へ行くときに抜ける

丹波街道の大枝地区では

名産の富有柿の直売がピークです。

この街道は春は洛西の竹の子がいっぱい並びます。

dsc08129.jpg

渋柿の渋を抜いた「さわし柿」を求めに

いつものおばちゃんのお店に行ったのですが

今年は全部「つるし柿」にしてしまったとのこと・・・・

来年は作るからと、おばちゃん。

よろしくお願いしますね・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

友人が予約してくれた昼食は

「 ゆるり 」というお店。

美山の古民家で美山の食材をいただけます。

 

 

dsc08135.jpg

 

 

 

dsc08140.jpg

茅葺の屋根の苔がすごく綺麗でした。

 

 

 

dsc08147.jpgdsc08152.jpgdsc08151.jpgdsc08148.jpgdsc08155.jpgdsc08149.jpg

鹿肉のマリネ、美山の地鶏の炙ったもの、汲み上げ湯葉、などなど。

お料理はどれもすごく美味しかったです。

 

また、お店のしつらえもすばらしく

のんびりできる空間でした。

こちらのご主人は、陶芸家の梅棹マヤオさん。

お父様は国立民俗学博物館の初代館長をされた

梅棹忠夫さんなんです・・・・

 

dsc08160.jpgdsc08164.jpg

焼いた厚揚げにおろし生姜とお醤油だけのシンプルなひと品。

炭火で焼いた厚揚げは、香ばしくてパリッとした食感が絶品でした。

ちなみに、予約制です。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ゆるりを後にして

かやぶき美術館での個展に。

 

dsc08180.jpg

友人とお付き合いのある作家さんで

吉村美枝さんの文字アート展。

 

 

 

dsc08175.jpg

 

dsc08171.jpg

青いステンドグラスは 「 雨 」という文字になっています。

縁側に差し込む陽の光で影が綺麗です。

 

 

dsc08167.jpg

「 男と女 」でしょうか・・・

 

 

 

dsc08177.jpg

美山の紅葉は今が見ごろです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

それから、「 甚弥 」さんという

美山のかやぶき集落の奥にあるギャラリーへ。

 

 

dsc08183.jpg

実は、このギャラリーは

ストローヴェイルという藁のブロックを積み重ねてできています。

ストローヴェイルの大きさは60cm角??だったかな?

それだけ厚い断熱層があるため

寒暖の差の厳しい美山でも

夏は涼しく、冬は暖かいそうです。

 

dsc08185.jpg

内壁の一部には、中の藁の状態を見れるように

窓が開けてあります。

その名も「真実の窓」・・・だそうです。

dsc08186.jpg

↑窓から見えるワラです。

外気は10度くらいだったのですが

中は汗ばむくらい暖かったです。

 

紅葉のシーズンの美山は

訪れる人も多く、活気がありました。

紅葉が見ごろのうちに是非どうぞ!

 

 

デルベア

 

 

 

 

0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
Return to Pagetop