プロフィール

デルベア®

Author:デルベア®
奈良市・学園前にある
手作りバームクーヘン専門のWEBショップ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

72

京阪神 おつかいもの手帖

バウムクーヘンの焼成作業は緊張の連続です。

少しでも気を抜くと、回転する生地が落下するからです。

この落下をいかにして防止するかが

バウムクーヘン焼成の最大の課題なのかもしれません。

とりわけリッチな配合で焼こうとするほど

生地自体が重くなり、落下の危険も増大します。

同じ大きさのバウムクーヘンでも

軽い方が落ちにくいのです。

 

落下防止の工夫の一つがコレ↓

DSC00668_edit.JPG

桜の芯木にグラシンを巻き、

牛乳パックで作られた紙ひもを巻きつけるのです。

こうすることによって、生地が芯木から剥がれにくくなるのです。

このへんの流儀は、ひとそれぞれのようですが・・・

 

 

これに対して、

15層以下くらいの細いバウムクーヘンなら

落ちる心配も無くて、このような紙ひもは不要です。

精神的にもとても楽なんですが・・・・・

 

 

ちなみに、通常は30~40分もあれば

太いタイプのバウムクーヘンが焼き上がります。

しかし、デルベアでは一本のバウムクーヘンを

みっちり2時間かけてじっくりと焼き上げます。

非常にリッチな配合ゆえに、

火を通すのが難しいことと、

各種の膨張剤を一切使用せず、

丁寧に生地に含ませた空気の粒子と水蒸気だけで

生地をゆっくりと膨らませるために

時間が通常の何倍もかかってしまうのです。

正直2時間の集中は

精神的にも体力的にもたいへんなんですぅ・・・・・

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ただいま発売中の

エルマガジン社【京阪神おつかいもの手帖】に

デルベアを紹介していただきました。

DSC04264.JPG

・・・・・・・・・・・表紙はデルベアではないんです・・・

兵庫県・三田市の「エスコヤマ」さんです。

デルベアは後ろから探した方が早いです・・・・↓

DSC04259_edit.JPG

わたしは、

新潟のマツヤのロシアチョコレートが気になりました・・・

 

 

 

 

バウムクーヘンのデルベア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

Comment

  1. デルベア

    デルベア

    2007-02-26 (Mon) 20:37

    >collahan様、コメントいただき誠にありがとうございます。
    これからも何卒宜しくお願いします。
    デルベア


  2. callahan

    callahan

    2007-02-26 (Mon) 09:57

    先日、初めてオーダーし頂きました。
    めっちゃ美味しかったです。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
Return to Pagetop