プロフィール

デルベア®

Author:デルベア®
奈良市・学園前にある
手作りバームクーヘン専門のWEBショップ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

42

秋の恵み

京都・美山町で

いつも季節の野菜を分けてもらう

N・おじいちゃんおばあちゃん。

そのご夫婦が夏の間、近くの山に巣箱を置いて

採れたのがこのハチミツ↓

dsc02676_edit.jpg

蜂の巣箱に、去年の残りのハチミツを少し塗って

ここぞという場所にそっと置いておくだけ・・・・

すると養蜂でない自然の蜂が

何も知らずに

せっせとハチミツを

貯めてくれるのだそうです。

 

熊が横取りさえしなければ、

秋には巣箱一杯にハチミツが詰っているという訳です。

絞り方にもこだわりがあって、

取れた蜂の巣を、天井から紐で吊るして

後は、ぽたぽたとハチミツが落ちてくるのをじっと待つのです。

ドラム缶の遠心分離機にかけると

ハチミツが濁ってしまうそうです。

 

Nおばあちゃんに、

「これ何の花の蜜ですか?}と聞いてみたら

「そりゃぁ、蜂に聞いてみにゃぁ分かりゃしまへん・・・」

なんともおおらかです。

百花蜜ということで、いろいろな花の蜜がブレンドされた

濃厚な味を想像していたら、

予想外に、すっきりさっぱりした味でした。

無理に絞り出さないのがいいのかもしれません・・・?

もちろん、蜂に抗生物質の心配もないです。

これ以上の天然のハチミツはないです。

 

 

 

dsc02680_edit.jpg

おばあちゃんの畑の旬は、伏見とうがらし。

奥さんが油揚げと一緒に炊いてくれました。

京都のおばんざいの定番です。

↑どんぶりは、砥部焼の池本忠義さんのさかな紋です。

http://www.geocities.jp/ikemotogama/

砥部では珍しい登り窯で作陶されておられます。

豪快な絵付けとやさしく白い肌ざわりが魅力です。

 

 

↓工房の裏に落ちていた小さな栗です。

dsc02655_edit.jpg

ほとんど虫が先に食べてました・・・・

 

 

 

バウムクーヘンのデルベア

 

 

 

 

2

Comment

  1. デルベア

    デルベア

    2006-10-05 (Thu) 01:53

    私も散歩してて、キンモクセイの香りが漂ってくると、つい立ち止まって木を探してしまいます。
  2. れい

    れい

    2006-10-04 (Wed) 09:16

    栗の季節になってきましたね。これからは食べ物がおいしいし、デルベアさんのバームクーヘンもあったかい紅茶といただきたいと思います。冷凍庫にストックがあるというのは、とてもしあわせ☆ 秋は、食べ物がおいしい反面危険ですよね。食べ過ぎないようにしないと。
    うちの近所ではキンモクセイの香りが漂っており、とてもほっとさせられます。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
Return to Pagetop