プロフィール

デルベア®

Author:デルベア®
奈良市・学園前にある
手作りバームクーヘン専門のWEBショップ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

321

廃校の校庭で、たき火でバウムクーヘンを焼きました!

11月3日、快晴!



南山城村の旧童仙房小学校に

京都市内のこどもたちが村に集まり

1-P1160794.jpg





薪でご飯を炊いたり、

シシ鍋作ったり、

ヘチマ作ったり、

炭火で本格的なバウムクーヘン焼いたりしました。

一般的には、水のある河原でバームクーヘンを焼くのがいいかもしれません。


1-P1160670.jpg


ご自宅からハンドミキサー持参のお母さんたちに手分けしていただき

大量のメレンゲを作っていただきました。

そして、カルピス発酵バター100%で作ってきたバター生地と

メレンゲを合わせて、ふんわりとした別立ての生地を調整しました!

もちろん、ホットケーキミックスではありませ~~ん!

なんと言っても、バウムクーヘン屋のプライドが許しません!

それに、子供たちが、自然いっぱいの山ノ上まで来てくれたのに

不自然な味のバウムクーヘンは食べさせたくはないです。

バター100%・・・これだけは譲れないところです。



1-P1160708.jpg


焼きはじめは、炭火が弱くて生地がボトボト垂れてしまい

一瞬・・・いや~な予感が走りました。。。

しかし、炭に手慣れた村人さんの活躍によりすぐに強火に!


1-P1160730-001.jpg


生地は、生地がまとわりつきやすいように

とりわけ粘度をつよく調整しました。

気温15℃前後と低かったので、生地がダレませんでした。

バター100%の生地は、気温の影響を強く受けるので

絶好のバウムクーヘン日和でした。


1-P1160735.jpg








炭火を利用して、紅玉の焼きリンゴを同時並行で作りました。

1-P1160702-001.jpg

お母さんたちに芯をくり貫いてもらい

穴に、カルピス発酵バターと含蜜甜菜糖

シナモン、ラム漬けレーズン、ヴァニラの鞘を詰めてもらいました。


1-P1160725.jpg



大人にも子供にも人気です!

1-P1160722.jpg








焼きリンゴ食べている間も根気強くバウムクーヘンを回していただき


1-P1160742.jpg


炭焼きバウムクーヘンが完成!!


1-P1160794.jpg





1-P1160798.jpg


アツアツのうちにそぎ切りにすると

あっという間に完食!!でした。

焼きたてのバター100%のバウムクーヘンの自然な味は

そんなことは何も知らない子供達に、

自然と受け入れられていました。



1-P1160760.jpg


もしものためのバウムクーヘン。

童仙房の清水善行さんのうつわで。


清水さんのギャラリーARABONでは

村の産品の販売もありました。


1-P1160838.jpg


新しい移住者のはと畑さんの自家製タバスコ

1-P1160843.jpg



帰り道、隣村の月ヶ瀬へ自然卵の仕入れに向かう頃には

すっかり日が暮れていました・・・


1-P1160753-001.jpg



バウムクーヘンのデルベア








1

Comment

  1. 矢部結城乃

    矢部結城乃

    2012-11-27 (Tue) 05:10

    また読みに着ますね(^^♪

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
Return to Pagetop