プロフィール

デルベア®

Author:デルベア®
奈良市・学園前にある
手作りバームクーヘン専門のWEBショップ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

216

大又川の天然鮎

 

ちょっと前の出来事なのですが

友釣りを趣味とする知り合いの方から

6月の鮎解禁後、初釣果の初鮎を頂きました。

これは、ホンマにウレシイ~!

P1050219.JPG

 

産地は三重県熊野五郷町の大又川

下流はダムで熊野灘と寸断されているそうですが

そのダムで孵った天然鮎が遡上してくる川なのだそうです。

(通常は川の漁協が養殖で育てた稚鮎を放流して成魚となるんです)

そう考えるととっても貴重な頂きもの!

 

 

 

 

P1050286.JPG

天然の鮎はスイカのような香りがします。

香魚と呼ばれるゆえんなのでしょうか。

また、からだは全体に黄色ぽく、

頭の後ろに、はっきりとした所謂「ホシ」があります。

苔を食べる鮎の縄張りを主張する威嚇のサインだとも。

 

 

 

 

P1050324.JPG

大きく発達したひれが

急流で生きてきたことを証明しているかのようです。

鮎はほんとうに美しいカタチをしていますねぇ~!

釣り人はコチラ

 

 

 

+++++++++++++++

 

 

 

話はそれますが・・・・

P1050276.JPG

鮎を盛ったこのザルは

熊本・水俣の青竹職人・井上克彦さんのもの。

硬い硬い真竹は、このように【巻きフチ】にするのは至難の業。

普通はそれを避けて【当てフチ】という方法がとられますが、

しかし、井上さんは、あえて【巻きフチ】にこだわっておられます。

 

 

P1050361.JPG

下のざるは根曲がり竹のザルなのですが

「根曲がり竹」は、笹のように柔軟性があるので巻きフチは容易です。

 

硬い「真竹」で、巻きフチをする・・・・。

専門的すぎて、ほとんど誰も気づかないことなのですが

意地でも職人のこだわりを捨てない井上さん。

尊敬せずにはいられません!

 

 

バウムクーヘンの製造も

恐ろしく効率的な製法が開発されて一般化しています。

出来上がってみれば

同じ形をしたバウムクーヘン・・・・。

 

 

鮎でも、

竹ザルでも、

バウムクーヘンでも、

たとえ気づいてもらえなくても

こだわりを捨てない気持ちを

大切にしたいです。

 

 

 

 

2

Comment

  1.  デルベア®

     デルベア®

    2010-07-13 (Tue) 09:24

    おいしくいただきました!
    ありがとうございました!
    鮎ほど、食べるとき産地を想像する魚はないですね!
    terraceさんの鮎は、一点の曇りなく、安心して食べられます。
    今日の釣行は、天気が?ですね!
  2. cocoterrace

    cocoterrace

    2010-07-13 (Tue) 00:47

    わざわざ アップありがとうございます。
    励みになります、
    明日は? 日付が変わり本日は ツチノコ伝説でお馴染みの下北山村
    西の川 に釣行で有ります。
    何時になるかわかりませんが、次回は盛期の鮎をお届けしたいと思っております。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
Return to Pagetop