プロフィール

デルベア®

Author:デルベア®
奈良市・学園前にある
手作りバームクーヘン専門のWEBショップ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

155

夏みかんのマーマレードを圧力鍋で・・・

毎年秋にはオリーブを分けていただいている

小豆島の方から

今度は夏みかんをいただきました。

もしかしたら甘夏かもしれません・・・・

 

IMG_3108.JPG

 

早速、マーマレードを作ってみました。

レシピは・・・・夏みかん3kg

甜菜グラニュー糖1.4kgと

NZ産のクローバーハチミツが200g。

保存食ですからしっかり甘めが良いと思います。

しっかり甘いものを程よい量でいただく・・・のがよいかと。

 

作り方は圧力鍋を使用します。

IMG_3158.JPG

夏みかんの皮を細かくきざんで一晩水にさらします。

苦味やアクを抜くためです。

実はタネを取ってラップして冷蔵庫へ。

 

次に、皮を一度茹でこぼして

圧力鍋で1分加圧します。

あまり加圧しすぎると皮の原型がなくなるので

ほどほどにしてます。

 

それから、今度は実を圧力鍋で5分ほど。

というのは、透明な房の部分もかなり一緒についているため

房がとろとろに溶けるまで加圧しました。

 

で、皮と実を一緒の大なべに入れて

強火で炊き上げます。

皮が固くならないように砂糖は3~4回に分けて入れます。

 

IMG_3145.JPG

鍋底をたえず木べラでゆるゆるとかきまぜている時間は

とても静かで豊かで幸福になれます・・・・。

 

 

IMG_3153.JPG

熱いうちに、口いっぱいにマーマレードを詰めて

直ぐに蓋をしっかり閉めて逆さまにしてから自然放冷します。

冷めると蓋が少しだけ凹んでいます。

ちょっと苦くて甘いマーマレードが出来上がりました。

 

 

ちなみに、いただいたこの夏みかんは

自家消費用に最低限の農薬だけを使用したもの。

収穫後の消毒や日持ちを良くするためのワックスなどは

自家消費用だからしていないそうです。

自家用ゆえに、食べ時やそれを過ぎたかを

自分で判断すればよいだけのことと。

したがって、ワックスは不要なのですね。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

コーヒーブレイクは、

昨日まで大阪・堺市・宿院の少し南の

ギャラリーOogiさんで、二人展をされた

小高千絵さんの白磁のマグと

つちや織物所さんの手織りのコースターで

デルベアオリジナルのバウムクーヘンブレンドをいただきます。

IMG_3130.JPG

ギャラリーOogiさんの直ぐ近くには

かん袋のくるみ餅や小嶋屋の芥子餅、

美味しい白ご飯が名物のゲコ亭や

ちくまの蒸しせいろ蕎麦など

堺名物が大集合しています。

また、お邪魔するのが楽しみです。

 

 

バウムクーヘンのデルベア

 

0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブログ内検索
Return to Pagetop