プロフィール

デルベア®

Author:デルベア®
奈良市・学園前にある
手作りバームクーヘン専門のWEBショップ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
231

ミセス12月号に紹介していただきました。

  【 ミセス 2010年12月号 】(文化出版局)の 年末恒例の「ミセスオリジナル」お取り寄せ便利帳に デルベアのバウムクーヘンと バウムクーヘン・ブレンドのセットで 紹介していただきました。     建築家・中村好文氏のストーブのある家の記事よかった~! 憧れます・・・暖炉やストーブのある冬の暮らし。   ちなみに・・・昔の偉い建築家曰く 「も... <p> &nbsp;</p><p> 【 ミセス 2010年12月号 】(文化出版局)の</p><p> 年末恒例の「ミセスオリジナル」お取り寄せ便利帳に</p><p> デルベアのバウムクーヘンと</p><p> バウムクーヘン・ブレンドのセットで</p><p> 紹介していただきました。</p><p> &nbsp;</p><p> <img style="WIDTH: 474px; HEIGHT: 661px" border="1" hspace="0" alt="misesu.jpg" src="https://blog-imgs-35-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_misesu.jpg" width="474" height="661" /></p><p> &nbsp;</p><p> 建築家・中村好文氏のストーブのある家の記事よかった&#65374;!</p><p> 憧れます・・・暖炉やストーブのある冬の暮らし。</p><p> &nbsp;</p><p> ちなみに・・・昔の偉い建築家曰く</p><p> 「もし家を建てるなら暖炉のある家を建てなさい」と・・・</p><p> 炎の揺らぎが子どもの情操教育にいいらしいです。</p><p> もちろん、大人も癒されますが。。。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> +++++++++++++++++++++++</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> 今年も、青森南部の紅玉で</p><p> アップルジェリーをたくさん作りました。</p><p> 毎年、いろいろな作り方を試しましたが</p><p> やっと、安定したレシピが見つかったように思います。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> 作りやすい量は</p><p> 紅玉2&#65374;2.5キロ(12&#65374;15個)くらいかな・・・</p><p> あんまり多すぎると</p><p> ビン詰め作業が間に合わなくて、</p><p> ジェリーが固まり始めてしまいますから。</p><p> &nbsp;</p><p> 2:紅玉をキレイに洗って</p><p> 丸ごと、軸もとらないで(タネや軸にペクチンが多いらしいです)</p><p> 鍋いっぱいに詰め込みます</p><p> 水を沸騰してもあふれない程度に入れます。</p><p> &nbsp;</p><p> <img border="0" alt="P1080960.JPG" src="https://blog-imgs-35-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_P1080960.jpg" width="431" height="323" /></p><p> &nbsp;</p><p> 3:火をつけて・・・・3時間くらい煮ます!</p><p> クタクタになるまで。</p><p> 多少の水は足してもいいですが</p><p> 足しすぎに注意です。</p><p> &nbsp;</p><p> <img border="0" alt="P1080980.JPG" src="https://blog-imgs-35-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_P1080980.jpg" width="431" height="325" /></p><p> &nbsp;</p><p> 4:木綿の袋があればベストですが</p><p> 要するに、クタクタに煮たリンゴを漉します。</p><p> &nbsp;</p><p> <img border="0" alt="P1080965.JPG" src="https://blog-imgs-35-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_P1080965.jpg" width="340" height="255" /></p><p> 毎年使うので、リンゴ染めになってます。</p><p> 大阪の道具屋筋で「出汁取り袋」として売ってます。</p><p> 通常は大きな寸胴でだしを引くときに使う袋なんです。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> 5:一晩吊るして、漉します。</p><p> <img border="0" alt="P1090019.JPG" src="https://blog-imgs-35-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_P1090019.jpg" width="450" height="600" /></p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> 6:漉し取ったジュースを計量します。</p><p> この重量の80%くらいのグラニュー糖を用意します。</p><p> また、ペクチンは砂糖と酸に反応するらしい・・・ので</p><p> レモン果汁なども適量用意しときます。</p><p> <img border="0" alt="P1080972.JPG" src="https://blog-imgs-35-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_P1080972.jpg" width="300" height="225" /></p><p> ↑知人の庭で取れたレモン。</p><p> &nbsp;</p><p> 7:ジュースを鍋に入れて、火をつけます。</p><p> <img border="0" alt="IMG_0375.JPG" src="https://blog-imgs-35-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_0375.jpg" width="420" height="315" /></p><p> 少々強火で、短時間に煮詰めます。</p><p> 2キロのジュースで40&#65374;50分くらいかかります。</p><p> ここからは鍋から離れずに、木べらで鍋をかき混ぜます。</p><p> 底にペクチンが固まりそうになるから休まず混ぜます。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> 8:ジュースが6&#65374;7割くらいに煮詰まってくると</p><p> なんとなく・・・・トロ&#65374;ンとしてきます。</p><p> 私は、鍋の横に水を入れたボールを置いて</p><p> 木べらから煮汁を落とした様子で見当をつけています。</p><p> 水に落とした雫が、だんだん粘度を帯びてくるのが分かるはず。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> 9:ここで、レモンと砂糖を一気に入れます。</p><p> <img border="0" alt="IMG_0377.JPG" src="https://blog-imgs-35-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_0377.jpg" width="431" height="323" /></p><p> 砂糖を入れると、</p><p> 煮汁が急に透明になっていきます!</p><p> ココからは強火で一気に!</p><p> 木ベラも休まず!</p><p> &nbsp;</p><p> 10:火を止めるタイミングは・・・・</p><p> 火にかけた透明なジュースの中に</p><p> 一瞬、細かい泡がジュワジュワ&#65374;と溢れてきます。</p><p> そしたら、はい終了!</p><p> 急いで、用意しておいたビンに詰め込みます。</p><p> &nbsp;</p><p> <img border="0" alt="IMG_0394.JPG" src="https://blog-imgs-35-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_0394.jpg" width="460" height="345" /></p><p> &nbsp;</p><p> 一番好きな食べ方は</p><p> 薄いトーストにバターを塗り、その上にアップルジェリーを薄く塗ります。</p><p> そのほか、プレーンヨーグルトに入れたり</p><p> 紅茶に入れて、アップルティーにしたり。</p><p> &nbsp;</p><p> 最後に、紅玉は日持ちが悪く</p><p> 直ぐに柔らかくなってしまうので</p><p> なるべく硬いうちに作りましょう!</p><p> ペクチンがどんどん少なくなるらしいです・・・</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> バウムクーヘンのデルベア</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p>
230

ようこそ、ちきゅう食堂へ・小川糸

  ポストをのぞくと 幻冬舎さんから献本が届いていました。 「 ようこそ、ちきゅう食堂へ 」 小川 糸。     昨年9月に、 雑誌「パピルス」の取材で 「 食堂かたつむり 」の 小川 糸 さんが デルベアの工房に訪れた際の様子が載っています。 写真は鳥巣佑有子さんが、 ライカとローライでフィルム撮影です・・・ プリントも鳥巣さん自身で・・・ デジタル万能の... <p> &nbsp;</p><p> ポストをのぞくと</p><p> 幻冬舎さんから献本が届いていました。</p><p> 「 ようこそ、ちきゅう食堂へ 」 小川 糸。</p><p> &nbsp;</p><p> <img border="0" alt="IMG_0449.JPG" src="https://blog-imgs-35-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_0449.jpg" width="450" height="600" /></p><p> &nbsp;</p><p> 昨年9月に、</p><p> 雑誌「パピルス」の取材で</p><p> 「 食堂かたつむり 」の 小川 糸 さんが</p><p> デルベアの工房に訪れた際の様子が載っています。</p><p> 写真は鳥巣佑有子さんが、</p><p> ライカとローライでフィルム撮影です・・・</p><p> プリントも鳥巣さん自身で・・・</p><p> デジタル万能の時代だからこそうれしいです。</p><p> ちなみに、工房前に立って写真を撮ってもらうとき、</p><p> 作業用の手袋を外すのを忘れてしまって・・・・</p><p> そんな訳で白いゴム手袋して写ってます。。。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> 目次順に</p><p> ペンギン食堂</p><p> ココ・ファーム・ワイナリー</p><p> 阿佐美冷蔵</p><p> 鳥居醤油店</p><p> レストラン「ベルソー」</p><p> 島田農園・吉実園・宍戸園</p><p> バウムクーヘン「デルベア」</p><p> 和菓子店「満点星一休」</p><p> 食堂はてるま</p><p> 月心寺</p><p> 木村秋則さんのリンゴ畑</p><p> モンゴル・ハヤナーさん家</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> 「 ようこそ、ちきゅう食堂へ 」</p><p> きっちり密着取材してあって</p><p> ぎっしり内容が詰まってます。</p><p> そして、雰囲気抜群の写真!</p><p> 是非是非、お買い求めくださ&#65374;い!</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> <img border="0" alt="P1090275.JPG" src="https://blog-imgs-35-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_P1090275.jpg" width="420" height="560" /></p><p> 今日たまごの仕入に行く途中に</p><p> もがりの森の撮影地近くで</p><p> 夕陽がきれいだったので一枚パチリと・・・</p><p> 奈良の遷都1300年祭も終わりますね。。。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。