プロフィール

デルベア®

Author:デルベア®
奈良市・学園前にある
手作りバームクーヘン専門のWEBショップ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

218

文楽・夏休み特別講演は8月3日まで!

  梅雨明けから酷暑が続いています。 バウムクーヘンの焼成作業には厳しい季節。 焼成中エアコンをつけると、火が安定しないので 厨房となりの店舗部分のエアコンをつけて その部屋から流れ込む冷たいすきま風で 厨房の温度が上りすぎるのを調整しています・・・・   7時過ぎ焼成を終えて、窓の外を見ると 風景がオレンジ色に染まっていました。 思わず、カメラを手にとって外へでました... <p> &nbsp;</p><p> 梅雨明けから酷暑が続いています。</p><p> バウムクーヘンの焼成作業には厳しい季節。</p><p> 焼成中エアコンをつけると、火が安定しないので</p><p> 厨房となりの店舗部分のエアコンをつけて</p><p> その部屋から流れ込む冷たいすきま風で</p><p> 厨房の温度が上りすぎるのを調整しています・・・・</p><p> &nbsp;</p><p> 7時過ぎ焼成を終えて、窓の外を見ると</p><p> 風景がオレンジ色に染まっていました。</p><p> 思わず、カメラを手にとって外へでました。</p><p> <img border="0" alt="yuuhi-derbar.JPG" src="http://blog-imgs-35.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_yuuhi-derbar.jpg" width="450" height="600" /></p><p> 夏ですねぇ&#65374;!</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> ++++++++++++++</p><p> &nbsp;</p><p> こどもたちが夏休みに入り</p><p> 17日から夏休み文楽特別公演・親子劇場</p><p> 「<a title="" href="http://www.ntj.jac.go.jp/oyako2010/bunraku.html" target="_blank">雪狐狐姿湖</a>」(ゆきはこんこんすがたのみずうみ)が上演中です!</p><p> 場所は、大阪・日本橋・<a title="" href="http://www.ntj.jac.go.jp/bunraku/index.html" target="_blank">国立文楽劇場</a>。</p><p> 今年も家族で行ってきます!</p><p> &nbsp;</p><p> <img border="0" alt="5657_1bunraku-derbar.jpg" src="http://blog-imgs-35.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_5657_1bunraku-derbar.jpg" width="400" height="566" /></p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> <img border="0" alt="5657_4derbar.jpg" src="http://blog-imgs-35.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_5657_4derbar.jpg" width="400" height="580" /></p><p> 話の内容は・・・</p><p> 鶴の恩返しのキツネ版?らしいです。</p><p> &nbsp;</p><p> また、上演前に、文楽についての解説があり、</p><p> こどもにも分かりやすいようになっています。</p><p> もちろん、大人にも面白いです。</p><p> &nbsp;</p><p> 夏休み特別講演は</p><p> <font color="#FF0000"><strong><u>8月3日火曜日まで!</u></strong></font></p><p> 日本の伝統芸能をこどもに伝えるチャンスです!</p><p> お時間が許せば是非!</p><p> &nbsp;</p><p> ||| バウムクーヘンのデルベア |||</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p>
217

お菓子とコーヒーの関係について

  先日、グラウベルコーヒーの狩野さんが 面白い会合を企画してくださいました。 デルベアのバウムクーヘンとコーヒーのマリアージュを考える会・・・ その時の様子と結果を、 「東京カフェマニア」主宰の川口葉子さんが とても詳しいレポートにまとめてくださいました。 ぜひ、ご覧になってみてください! 東京カフェマニア         +++++++++++++++... <p> &nbsp;</p><p> 先日、<a title="" href="http://www.glaubell.net/" target="_blank">グラウベルコーヒー</a>の狩野さんが</p><p> 面白い会合を企画してくださいました。</p><p> デルベアのバウムクーヘンとコーヒーのマリアージュを考える会・・・</p><p> その時の様子と結果を、</p><p> 「東京カフェマニア」主宰の川口葉子さんが</p><p> とても詳しいレポートにまとめてくださいました。</p><p> ぜひ、ご覧になってみてください!</p><p> <a title="" href="http://diary.qingxiang.jp/archives/2010/07/post_815.html" target="_blank">東京カフェマニア</a></p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> +++++++++++++++++++++++</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> 19日の休日。</p><p> デルベアから程近い</p><p> 石村由起子さんの「秋篠の森」にて</p><p> 「コーヒーカジタの茶会」なる催しがありました。</p><p> &nbsp;</p><p> 名古屋の自家焙煎珈琲屋さん</p><p> コーヒーカジタのご主人の点てる珈琲と</p><p> パティシエの奥さまのお菓子を</p><p> お茶会のような雰囲気でいただくという企画。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> <img border="0" alt="P1050704.JPG" src="http://blog-imgs-35.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_P1050704.jpg" width="400" height="533" /></p><p> 右奥の白い壁の小さな部屋でお手前がありました。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> <img border="0" alt="P1050728.JPG" src="http://blog-imgs-35.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_P1050728.jpg" width="371" height="278" /></p><p> &nbsp;</p><p> 奥さんが作られた美味しいお菓子をいただき</p><p> 口が甘&#65374;い状態で、コーヒーが点てられます。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> <img border="0" alt="P1050715derbar.JPG" src="http://blog-imgs-35.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_P1050715derbar.jpg" width="500" height="375" /></p><p> ひとくちのアイスコーヒー。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> <img border="0" alt="P1050727derbar.JPG" src="http://blog-imgs-35.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_P1050727derbar.jpg" width="450" height="600" /></p><p> &nbsp;</p><p> 席の正面には</p><p> 梅雨が明けたばかりの森の木々が</p><p> 強い日差しを受けておりました。</p><p> う&#65374;ん、和みます。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> <img border="0" alt="P1050722derbar.JPG" src="http://blog-imgs-35.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_P1050722derbar.jpg" width="500" height="375" /></p><p> 目の前で2杯分ずつ丁寧に点てられたコーヒーは</p><p> フルーツのような香り?</p><p> ベリー系の味わいで、まさに至福の一杯でした。</p><p> 奥さまの作ったお菓子たちとご主人のコーヒーの相性も抜群!</p><p> いい勉強になりました。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> <a title="" href="http://www.derbar.jp/" target="_blank">バウムクーヘンのデルベア</a></p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p>
216

大又川の天然鮎

  ちょっと前の出来事なのですが 友釣りを趣味とする知り合いの方から 6月の鮎解禁後、初釣果の初鮎を頂きました。 これは、ホンマにウレシイ~!   産地は三重県熊野五郷町の大又川 下流はダムで熊野灘と寸断されているそうですが そのダムで孵った天然鮎が遡上してくる川なのだそうです。 (通常は川の漁協が養殖で育てた稚鮎を放流して成魚となるんです) そう考えるととっ... <p> &nbsp;</p><p> ちょっと前の出来事なのですが</p><p> 友釣りを趣味とする知り合いの方から</p><p> 6月の鮎解禁後、初釣果の初鮎を頂きました。</p><p> これは、ホンマにウレシイ&#65374;!</p><p> <img border="0" alt="P1050219.JPG" src="http://blog-imgs-35.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_P1050219.jpg" width="451" height="338" /></p><p> &nbsp;</p><p> 産地は三重県熊野五郷町の大又川</p><p> 下流はダムで熊野灘と寸断されているそうですが</p><p> そのダムで孵った天然鮎が遡上してくる川なのだそうです。</p><p> (通常は川の漁協が養殖で育てた稚鮎を放流して成魚となるんです)</p><p> そう考えるととっても貴重な頂きもの!</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> <img border="0" alt="P1050286.JPG" src="http://blog-imgs-35.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_P1050286.jpg" width="451" height="338" /></p><p> 天然の鮎はスイカのような香りがします。</p><p> 香魚と呼ばれるゆえんなのでしょうか。</p><p> また、からだは全体に黄色ぽく、</p><p> 頭の後ろに、はっきりとした所謂「ホシ」があります。</p><p> 苔を食べる鮎の縄張りを主張する威嚇のサインだとも。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> <img border="0" alt="P1050324.JPG" src="http://blog-imgs-35.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_P1050324.jpg" width="401" height="291" /></p><p> 大きく発達したひれが</p><p> 急流で生きてきたことを証明しているかのようです。</p><p> 鮎はほんとうに美しいカタチをしていますねぇ&#65374;!</p><p> <a title="" href="http://co2terrace.exblog.jp/" target="_blank">釣り人はコチラ</a><a title="" href="http://co2terrace.exblog.jp/" target="_blank"></a></p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> +++++++++++++++</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> 話はそれますが・・・・</p><p> <img border="0" alt="P1050276.JPG" src="http://blog-imgs-35.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_P1050276.jpg" width="400" height="300" /></p><p> 鮎を盛ったこのザルは</p><p> 熊本・水俣の青竹職人・井上克彦さんのもの。</p><p> 硬い硬い真竹は、このように【巻きフチ】にするのは至難の業。</p><p> 普通はそれを避けて【当てフチ】という方法がとられますが、</p><p> しかし、井上さんは、あえて【巻きフチ】にこだわっておられます。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> <img border="0" alt="P1050361.JPG" src="http://blog-imgs-35.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_P1050361.jpg" width="351" height="263" /></p><p> 下のざるは根曲がり竹のザルなのですが</p><p> 「根曲がり竹」は、笹のように柔軟性があるので巻きフチは容易です。</p><p> &nbsp;</p><p> 硬い「真竹」で、巻きフチをする・・・・。</p><p> 専門的すぎて、ほとんど誰も気づかないことなのですが</p><p> 意地でも職人のこだわりを捨てない井上さん。</p><p> 尊敬せずにはいられません!</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> バウムクーヘンの製造も</p><p> 恐ろしく効率的な製法が開発されて一般化しています。</p><p> 出来上がってみれば</p><p> 同じ形をしたバウムクーヘン・・・・。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> 鮎でも、</p><p> 竹ザルでも、</p><p> バウムクーヘンでも、</p><p> たとえ気づいてもらえなくても</p><p> こだわりを捨てない気持ちを</p><p> 大切にしたいです。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p>
    Return to Pagetop