プロフィール

デルベア®

Author:デルベア®
奈良市・学園前にある
手作りバームクーヘン専門のWEBショップ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
140

紅玉のアップルジェリーの作り方・レシピ

11月のはじめに青森の友人から もぎたての紅玉が一箱届きました。 紅玉は痛みやすくて旬がとても短いりんごです。 実が固い紅玉を皮ごと丸かじりすると最高に美味いです。 そして、すぐに秋の恒例となったアップルジェリーを作りました。 アップルジェリーは紅玉の皮やタネや軸に含まれるペクチンで固まるので 採れたての新鮮なりんごを使うのが一番のコツかもしれません・・・ 何故かと言いますと、 ... <p> 11月のはじめに青森の友人から</p><p> もぎたての紅玉が一箱届きました。</p><p> <img height="300" alt="IMG_1222.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1222.jpg" width="400" border="0" /></p><p> 紅玉は痛みやすくて旬がとても短いりんごです。</p><p> 実が固い紅玉を皮ごと丸かじりすると最高に美味いです。</p><p> そして、すぐに秋の恒例となったアップルジェリーを作りました。</p><p> アップルジェリーは紅玉の皮やタネや軸に含まれるペクチンで固まるので</p><p> 採れたての新鮮なりんごを使うのが一番のコツかもしれません・・・</p><p> 何故かと言いますと、</p><p> りんごのペクチンは日毎にどんどん減少するらしいのです。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> **********************</p><p> 以前にもアップルジェリーを作る工程をブログに掲載いたしましが</p><p> 作り方やレシピに変更もかなりあります・・・・</p><p> &nbsp;</p><p> 1)まずは、りんご2キロと水2キロを鍋にかけます。</p><p> <img height="300" alt="IMG_1367.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1367.jpg" width="400" border="0" /></p><p> 以前はりんごは切らずに丸ごと煮ていましたが</p><p> 鍋に入りにくいので適当に割っていれます。</p><p> 水はペクチン溶出のために酸性にするのが効果的なのだそうです。</p><p> 酸性水も作れる浄水器の水を使用し、</p><p> さらにレモン果汁も50g程度入れてあります。</p><p> &nbsp;</p><p> 2)沸騰させてからは、とろ火で・・・・</p><p> 火が強いとアクばかりでてしまいます。</p><p> また、とれる果汁も減ってしまいます。</p><p> <img height="300" alt="IMG_1379.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1379.jpg" width="400" border="0" /></p><p> 3時間ほどで・・・↓</p><p> <img height="300" alt="IMG_1392.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1392.jpg" width="400" border="0" /></p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> 3)木綿の袋に詰めて、一晩つるします。</p><p> <img height="263" alt="IMG_1395.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1395.jpg" width="351" border="0" /></p><p> <img height="263" alt="IMG_1399.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1399.jpg" width="351" border="0" /></p><p> <img height="263" alt="IMG_1411.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1411.jpg" width="351" border="0" /></p><p> この袋は、自作も出来ると思いますが</p><p> じつは、大阪難波の道具屋筋で売っている</p><p> 「 出汁漉し袋 」という商品で、本来はお蕎麦屋さんが出汁取り用なんです。</p><p> アップルジェリーにはぴったりで便利なので愛用してます。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> 4) 一晩吊るしておくと</p><p> <img height="263" alt="IMG_1245.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1245.jpg" width="351" border="0" /></p><p> 以前は、漉し袋をさらにもみ出したりはしなかったのですが</p><p> しっかりもみ出しても、ジェリーが濁ったりはしないようです。</p><p> だいたい、2キロのりんご果汁が取れるかんじです。</p><p> &nbsp;</p><p> 5) 1.5キロの甜菜(ビート)グラニュー糖を用意します。</p><p> 北海道産の砂糖ダイコンから作られるグラニュー糖ですっきりとした甘みです。</p><p> ちなみに、現在のところ、北海道では</p><p> 遺伝子組み換えの砂糖ダイコンは無いそうです。</p><p> <img height="263" alt="IMG_1322.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1322.jpg" width="351" border="0" /></p><p> 一度強火で沸騰させてから、弱火にして</p><p> 木べらでゆっくりと休みなくなべ底を動かします。</p><p> いい匂いがしてきてゆったりと幸せな気持ちになります・・・・</p><p> &nbsp;</p><p> 6) 目安としては30&#65374;40分ほどでしょうか・・・</p><p> 果汁の状態などによって変わるので一概には言えませんが</p><p> 煮詰めた果汁の粘度が少しだけついてきます。</p><p> で、砂糖を一度に入れます。</p><p> <img height="263" alt="IMG_1326.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1326.jpg" width="351" border="0" /></p><p> &nbsp;</p><p> 砂糖を入れると透明感が出てきます。</p><p> さらに、ゆっくりとかき混ぜつづけます。</p><p> アクも出てくるのでまめにとります。</p><p> <img height="263" alt="IMG_1255.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1255.jpg" width="351" border="0" /></p><p> 果汁全体に小さな気泡が出てきたら終わり時です。</p><p> 木べらから滴を落とすと粘度が高まっているはず。</p><p> コップに水を入れて滴を落としてみるのも一手です。</p><p> 底まで拡散せずに落ちればOK。</p><p> &nbsp;</p><p> 7) すぐにビンに移します。</p><p> <img height="263" alt="IMG_1360.jpg" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1360.jpg" width="351" border="0" /></p><p> &nbsp;</p><p> 出来上がり↓</p><p> <img height="263" alt="IMG_1381.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1381.jpg" width="351" border="0" /></p><p> 抽出したペクチンだけで固まるためには糖分が必要なため</p><p> ジェリーといってもジャム並みに甘いです。</p><p> でも、保存食が甘いのは自然なことだと思います。</p><p> 甘いものを少しずつ大切にいただくのが良いのではないでしょうか。</p><p> プレーンヨーグルトに入れたり、</p><p> トーストに薄くバターを塗り、さらにこのジェリーを塗るのがお薦め。</p><p> 紅茶にいれるとアップルティーにもなります。</p><p> &nbsp;</p><p> また、来年が楽しみです。</p><p> &nbsp;</p><p> デルベア店主</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p>
139

ヴィルヘルム・ハンマースホイ展@国立西洋美術館

この連休、所用で茨城県のつくばへ行くことに。。。 途中、山手線で上野を通るということで どうしても行ってみたかったヴィルヘルム・ハンマースホイ展へ! そのために朝の5時に奈良を出て 9時半の開館時間には上野公園の国立西洋美術館前にスタンバイ。 http://www.shizukanaheya.com/ 19世紀末デンマークの画家で コペンハーゲンの風景を多く残しています。 とても良かったです。 ほんとう... <p> この連休、所用で茨城県のつくばへ行くことに。。。</p><p> 途中、山手線で上野を通るということで</p><p> どうしても行ってみたかったヴィルヘルム・ハンマースホイ展へ!</p><p> そのために朝の5時に奈良を出て</p><p> 9時半の開館時間には上野公園の国立西洋美術館前にスタンバイ。</p><p> <img height="179" alt="hammer_banner_01.jpg" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_hammer_banner_01.jpg" width="150" border="0" /></p><p> <a href="http://www.shizukanaheya.com/">http://www.shizukanaheya.com/</a></p><p> 19世紀末デンマークの画家で</p><p> コペンハーゲンの風景を多く残しています。</p><p> とても良かったです。</p><p> ほんとうに見れてよかった・・・・</p><p> 開催末期のためかとても空いていて</p><p> じっくりゆっくり楽しめました。</p><p> ちなみに、12月7日までの開催です。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> 実は、となりの東京都美術館では</p><p> フェルメール展が開かれていたのですが</p><p> 時間がなくなって断念。</p><p> それにしても、こちらはすごい行列でした・・・・</p><p> フェルメールの人気は凄まじいですね&#65374;。</p><p> &nbsp;</p><p> <img height="300" alt="DSC00037.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_DSC00037.jpg" width="400" border="0" /></p><p> &nbsp;</p><p> 看板の背後にある国立西洋美術館は</p><p> ル・コルビュジェの設計なんですねぇ・・・</p><p> 世界遺産登録の候補になっているそうです。</p><p> &nbsp;</p><p> <img height="467" alt="DSC00043.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_DSC00043.jpg" width="350" border="0" /></p><p> 上野公園のイチョウがきれいでした。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> ******************</p><p> &nbsp;</p><p> 浅草からつくばエクスプレスに初乗車。</p><p> 新しい駅は気持ちよいです。</p><p> それにしてもすごいスピードで走るのでちょっとビビリました。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> <img height="263" alt="DSC00049.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_DSC00049.jpg" width="351" border="0" /></p><p> つくばの幹線道路には楓の木の街路樹が延々と続いています。</p><p> ふき溜まった落ち葉がよい雰囲気でした。</p><p> きれいな街ですね。。。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> ||| バウムクーヘンのデルベア |||</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p>
136

小豆島のオリーブの新漬け

つい先日、 小豆島の方からオリーブの実をいただきました。 瀬戸内の海を見下ろしながらオリーブの実をもぎり採る作業は とても幸せな気持ちになることが出来るそうです。   初めてオリーブの塩漬けに挑戦してみることに・・・ いろいろ調べてみると、 昭和初期からオリーブの栽培をしてきた小豆島には 塩漬けの確立した方法があるようです。 つまり、苛性ソーダでアクを抜いてから 念入り... <p> つい先日、</p><p> 小豆島の方からオリーブの実をいただきました。</p><p> 瀬戸内の海を見下ろしながらオリーブの実をもぎり採る作業は</p><p> とても幸せな気持ちになることが出来るそうです。</p><p> &nbsp;</p><p> 初めてオリーブの塩漬けに挑戦してみることに・・・</p><p> <img height="263" alt="IMG_1122.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1122.jpg" width="351" border="0" /></p><p> いろいろ調べてみると、</p><p> 昭和初期からオリーブの栽培をしてきた小豆島には</p><p> 塩漬けの確立した方法があるようです。</p><p> つまり、苛性ソーダでアクを抜いてから</p><p> 念入りに水洗いし、塩漬けにする方法です。</p><p> とれたてのオリーブの綺麗な色をそのままに残してアクを抜くには</p><p> この方法しかない!のだそうです。</p><p> ちょうど今週のNHKひるどき日本列島の小豆島の特集でも</p><p> 同じ内容のことを仰られていました・・・・</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> <img height="263" alt="IMG_1159.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1159.jpg" width="351" border="0" />&nbsp;</p><p> 青くて固い実は新漬け向きだそうです。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;<img height="263" alt="IMG_1155.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1155.jpg" width="351" border="0" /></p><p> 少し熟した実はオイル感があって、違う味わいに・・・なるらしいです。</p><p> &nbsp;</p><p> オリーブの実を生でかじってみると</p><p> とんでもなく苦くて渋い!!!!です。</p><p> とてもそのままでは食べられません!</p><p> &nbsp;</p><p> <img height="300" alt="IMG_1149.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1149.jpg" width="400" border="0" /></p><p> 今回は自家用なので</p><p> 苛性ソーダは使わずに、塩水で時間をかけてアク抜きに挑戦してみました。</p><p> オリーブの実にナイフで切れ目を入れて塩水に漬けます。</p><p> 2日に1回くらいは水を替えてみます。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> <img height="263" alt="IMG_1443.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1443.jpg" width="351" border="0" /></p><p> 10日程経ちましたが、まだまだ渋いです。</p><p> でも確実にアクが抜けている気がしますが</p><p> いくら待っても完全には抜けずに</p><p> ちょっと癖のある塩漬けになりそうです。</p><p> 色もくすんだ感じになってきました。</p><p> オイル分も抜けてしまった気がします・・・</p><p> まあ、自家用ですから・・・</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> <img height="300" alt="IMG_1451.JPG" src="https://blog-imgs-40-origin.fc2.com/d/e/r/derbaumkuchen/bw_uploads_tm_IMG_1451.jpg" width="400" border="0" /></p><p> こちらは生のオリーブの実を送ってくださった方が作った新漬け。</p><p> 色が鮮やかで、実の大きさも縮んでいません。</p><p> アクも完璧に抜けています。</p><p> 独特のオイル感のある味わいは絶品! </p><p> 塩分も低めの4%なのでいくらでもすすみます。</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> スーパーに並んでいる瓶詰めのオリーブは</p><p> オイル分も完全に抜けてしまっていて</p><p> 食感もふにゃふにゃしてますよね・・・・</p><p> オリーブの新漬けは</p><p> 味も食感も、まったく違う食べ物です!</p><p> 来年は小豆島までオリーブの実をもぎに行きたいです・・・</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> ||| バウムクーヘンのデルベア |||</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p><p> &nbsp;</p>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。